チリ、食糧支援完了のご報告

一般社団法人ヒトレンの南米支部があるチリのサンティアゴ市ではCOVID-19に伴う都市封鎖によって多くの貧困家庭が食糧難に陥っております。この事態に対して再貧困家庭に少しでも食料を提供すべく、食糧支援プロジェクトを起ち上げました。皆様のお力添えによりサンティアゴ市内にあるラ・バンデラス、バホス・デ・メナ地域を中心に2週間分の食料や物資を入れた箱を配布しました。また、上記の地域以外ではチリ大学、サンティアゴ大学の学生にも支援の箱を配布し、全て合わせて221箱を配布しました。

本プロジェクトの詳細は後日、HPの「プロジェクト」ページに掲載する予定です。

この度は本プロジェクトに賛同いただきました台湾の企業、H.H.社には格別の御礼を申し上げます。

The Alliance of Humanitarian Architecture's South American Office is located in the capitol of Chile, Santiago. Due to the lockdown from the Covid-19 pandemic, many families were left without income and short on food. We have initiated the Chile "Life with Dignity" project, and are pleased to annouce the completion of the project.

We have delivered 2 weeks of food and supplies to 221 families in the "La Banderas", and "Bajos de Mena" communities, as well as to the students in the Universtiy of Chile, and University of Santiago.

Details of this project will be posted in our "Projects" page in the near future.

We would like to send our sincere gratitude to our project sponsor H.H., a Taiwanese company who have quickly responded to our request for support, empowering us to help these families.

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 Alliance for Humanitarian Architecture